結婚10周年

久しぶりの更新です。見てくださった方、すみません。。。。

しばらくぶりの更新がこんなヘビーなネタ、といっても、お菓子のことですが。。。

GW中に結婚10周年を迎えました。
どこか素敵なレストランにお食事にでも、、といいたいところだけど、
まだ乳飲み子抱える身ではそうもいかず。
かわりに、10年前のケーキを切ることにしました。

10年前の披露宴で、自分で3段のシュガーケーキを作りました。
イギリスのレシピで。
一番下の大きなケーキは、列席者に振舞う。
中段のケーキは、当日これなかった人に切って送る。
一番上の小さなケーキは、第一子が生まれるまでとっておいて記念に食べる、
あるいは結婚10周年に食べる。

・・・のだそうです。

我家はこのイギリスの言い伝えどおり、一番小さいケーキを
ずっととってありました。かつて夫がイギリスに長期出張していたときに
向こうで知り合った女性社員が10年前のケーキの話をしていて、
夫は本気でやってみようと思ったそう。
湿度の少ないイギリスでは常温でもいいけれど
そこは心配だったので、冷蔵庫に入れて2度の引越しもクーラーボックスに入れて
運んできました。
c0097278_21503958.jpg

いくらマジパンとシュガーペーストでしっかりコーティングしてあり、
中のフルーツケーキもお酒が聞いているとはいえ、本当に食べれるのかな?
とちょっと心配でしたが、、、、

ジャーん!
c0097278_2151374.jpg

食べれましたー!
c0097278_21512495.jpg

10年前に自分が作ったケーキを長男と一緒に食べられるとは
思いもしませんでした。
カビなどは一切生えておらず、むしろ、おいしいのです。
しっとりして、熟成されています(それはそうだ)
こういう伝統、レシピがあるイギリスってすごいな~。

実家の両親、義父母、友達にもおすそ分け。
みんなおいしいと食べてくれました。
いつの日か、息子の結婚式にも作ってあげよう!と約束したのでした。
[PR]

by psapied | 2013-05-24 21:52 | お菓子
line

Patisserie a piedの番外編  


by psapied
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30