カテゴリ:農業( 6 )


草取り

c0097278_22274391.jpg


田んぼの草取りに参加しました。
田植えのときとは違い、二組の参加でこじんまりと。

3週間の間に稲は倍くらいの高さに生長し、
大きくなっていました。

草取りは、生えているものは手で取る。
そしてこれから生えないようにするために、
タイヤのチェーンを使うのです。
聞いたことはあったけど、実際みるのは
初めてでした。
チェーンをいくつかつなげてパイプのようなものに
くつけて、ロープでひっぱります。
かなり、重い、そう(夫談)。妊婦の私は見学だけ。
息子と一緒に引っ張っています。

これをひいて、土の表面をなでることによって草の種が定着
しなくなる仕組み。腰をかがめて草をとらなくていい予防方法なわけです。
稲は当然なぎ倒されますが、絶対に抜けないそう。
すぐに起き上がってきてました。
これを夏至までの間に何度かやるとその後の草取りがうんと楽になる、
と昔の人はいったそうです。

稲って、お米って、やっぱりすごい。

目の当たりにして、ちょっと感動。
日本人のお米離れが言われて久しいけれど、
お米作りを体験したら、お米に対する思いは
絶対に変わるはず、と思うのです。
[PR]

by psapied | 2012-06-20 22:29 | 農業

田植え

c0097278_2141993.jpg


1年ぶりの田植え。

愛知から栃木の田んぼ体験教室に通うのはあまりにも遠いので
あきらめました。かわりに近くでないかな~?と探していたところ、
ご縁があって、自給自足をしているご夫婦主催の
お米作りに参加できるようになりました。

5月末。快晴の中、田植えスタート。
山間とはいえ、灼熱です。

私は今、足を冷やすわけにはいかないので
夫と息子だけが田んぼに入り、私はあぜ道で見学。

息子は最初の数本植えて、後はおたまじゃくしを
追いかけ捕まえることに夢中になっていました。
ま、そんなもんでしょう。
腰まで泥に浸かって、楽しそう。
(後の洗濯は想像を超える大変さでしたが。。。)
無農薬の田んぼで安心してあそばせられます。
泥の感触、素足で感じる田んぼ、
山から下りてくる風の気持ちよさ。
五感で得られるものは、きっと息子の中でも
息づいていくでしょう。

終わった後は、奥様手製の昼食。
去年採れたお米でつくったおにぎりととれたての
お野菜でつくったおかず、お味噌汁。

どれも心をこめて作ってくれたのがわかる味。
久しぶりに、外で作り手の愛を感じる食事をいただきました。
糠漬けを差し入れにもっていったら喜んでくださいました。
こちらでもすっかり糠漬けばあちゃん、やってます。

今月は草取りに参加です。
[PR]

by psapied | 2012-06-07 21:05 | 農業

豆味噌づくり

年明け最初の更新がすでに2月。。。。。
見てくれてた方すみません。。。
秋から断捨離にはまり、PCそっちのけで毎日やっていました。
ゴミ袋20個は、いったでしょう。それと大物家具3点。
ようやく家の中1周し、すこし、すっきりしたかも。
でもまだまだまだ断捨離はつづくのです。
そんなこんなで書きたいことは多々あれど、パソコン開けず毎日が過ぎていくのでした。
c0097278_2334561.jpg

さて、今日は地域の婦人会にまぜていただき、味噌作り。
味噌は毎年、家で作っていましたが、家庭でつくると
大豆を煮るのがなにより大変。
圧力鍋二つ稼動で6回くらいに分けないと1キロの大豆が煮えないのです。
できあがりは4キロくらい。
これでは我が家は1年もちません。
もうすこし作れないかな~とおもっていたところ、家庭菜園で
ご一緒している方にお誘いいただき、味噌作りに
参加させていただくことに。子供連れも多くて総勢20名くらい。

外で煮るとは、聞いていたけど、こんな大きな釜。3個!
災害炊き出し用のものを市から借りてるんですって。
ヘラは給食センター並みの大きさ。

朝からひたすら大豆を煮て、蒸らし時間に婦人会の
方々が作ってくださったお昼ご飯を頂きます。
3年ものの味噌汁、おこわ、お漬物、ゆで大豆と切干大根のおかず等々。。
どれも美味で、息子もおかわり。
午後は各自の分量、種類を仕込んでいきます。
豆味噌は愛知県ならでは、なので我が家は豆味噌10キロ。
準備はすべて婦人会の方がやってくださりました。
ありがたいことです。できあがりが楽しみです。

この10キロの味噌樽。エレベーターのない4Fの我が家に
持ち上げるのがきついので夫が帰ってくるまで車の中に待機中です。
[PR]

by psapied | 2012-02-03 23:28 | 農業

こちらでも畑はじめました

愛知県へ引っ越してきて3週間。
大分生活にもなれて落ち着いてきました。
c0097278_2343353.jpg

先日、畑を借りました。
市がやっている大規模な市民農園の一区画25平米。
家から遠いのが難点だったけど、
いろいろ探してここが一番景色もよく気に入ったので決めました。

GWは畑仕事をせねばね。夏野菜が間に合いそうでよかったです。
早速横浜の畑から持ってきた玉ねぎ、絹さや、レタス、ニラの苗を移植。
うまくつくといいな。。。。

畑まで家から車で10分強。
ところがバスでいくと50分+歩き。もちろん1時間に1本でーす。
今のところ我が家は車一台で夫の通勤用なので、平日は息子と二人で
半日がかりで畑へ。でも道具を貸してくれるので助かります。
畑仕事の格好でコミュニティバスに乗るのもまた一興。。。
[PR]

by psapied | 2011-04-26 23:05 | 農業

フラガール2

今年も田んぼのかかし作りの日がやってきた。

去年カカシコンテストにて、フラガールで優勝したチームとしては、
今年も連覇を狙いたいところ。
いろいろ悩んで。。。。。。結局フラガール2に決定!

それでいいの???ってかんじもあるが、
まあ、去年は去年、今年は今年で。
今年はさらに現地のハワイアンをイメージして、ちょっと地黒で黒髪ですよ。
c0097278_0265752.jpg

まずは骨組み、そして藁で肉付け。
c0097278_025165.jpg

完成~。今年は藁の胴体が落ちてきてしまい悪戦苦闘。
計画の段では、こんなはずではなかったんだけどな。。。

c0097278_0261935.jpg

他にもいろんなかかしができましたー。

息子はおばあちゃんと一緒に、「らいおんかかし」を
つくっているらしい。
最近、らいおんにはまっている息子。
c0097278_0254130.jpg

さて、コンテストの発表は11月の収穫祭までお楽しみ。

かかしを作る前に、草取りをした。
完全無農薬の田んぼにどれほど草が生えるか、知っている人
はあんまりいないでしょう。みたら、びっくり。
というか、無農薬のお米が高くて、当然!
ものすごい草に、一瞬とまりました。
それをすべて参加者でとりきるのは難しいので、
保存会の人たちがやってくれます。
結局私達は、お米作りを「体験」するだけ。
でも、それでも、お米を作るのがどれだけ大変なことか
本当に身にしみます。。。

そしていつか、体験ではなく、自分達が食べる一年分のお米を
作れるようになりたい。私と夫、共通の夢です。

かかし作りの日から、二日たった、今日、
実家の家の周りの田んぼではなにやらすごい音が
早朝からしていました。その音で目が覚めました。
その正体は、JAの農薬散布ヘリコプター。
すごい音、そして、におい。
家中の窓を閉めました。
草取りをした後だけに、農薬散布について
反対とは簡単にはいえない、と農家の実情について
ちょっと考えるいい機会をもらいました。

最後の写真は、カカシ作りの場所にあるとっても大きな桜の木の苔。
苔ってすきなんです。編笠山を思い出すな~。
c0097278_0273143.jpg

[PR]

by psapied | 2010-08-04 00:33 | 農業

草取り

c0097278_22312837.jpg

先日、田んぼの草とりに参加してきた。着実に大きくなっている稲。とてもうれしい。

田植えと同様に地下足袋を履いて、田んぼに入り、
雑草主に3種類を抜いていく。
抜いた草は、田んぼの中に埋めて窒息。

除草剤がわりになる米ぬかを沢山まいておいたところは
草が少なく、効果を実感。
田んぼの中に入って、草を無心にとっていると
育児ストレスも吹き飛ぶよう。。。。
うん、泥ってすごいかも。
泥パックとか、エステとか、あるでしょ。
泥のセラピー効果ってあるなあ、と
泥=土=地球、だからかな?

そして無農薬でお米をつくることがどれほど大変か、
草取りをしてはじめて分かった。小さい田んぼでも腰を曲げた状態で
いつづけるし、はっきりいって、気の遠くなる作業。
うちが普段宅配で買っているお米は
一回除草剤をつかったものと、全く使っていない完全無農薬のもので
1000円くらいの価格差がある。納得です。

息子も田んぼに入って草取りを少しやったけど、
小さいカエルとおたまじゃくしに夢中でした。
小さいカエル、本当にかわいいよね~。
c0097278_22314113.jpg

陣屋の前の井戸で遊ぶおじいちゃんと息子。
周りにたまたま人が全く写っていないけど、他の場所にたくさんいます。

来月はいよいよカカシ作り。
昨年のカカシコンテスト優勝チームとしては、
今年も力が入ります。
[PR]

by psapied | 2010-06-26 22:33 | 農業
line

Patisserie a piedの番外編  


by psapied
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30