<   2007年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧


再びシナモンロール

c0097278_10233139.jpg

今回はホシノ天然酵母とはるゆたかブレンドの組み合わせでやってみた。
やはりドライイーストのほうが簡単、早い、ふっくらとしてみばえもいい。
しかし天然酵母のほうが噛み応えのあるしっかりした生地にしあがって
粉のうまみを感じられる。夫にも好評だったので、実家にもおすそ分けで送る。

昨日はいちご農家からもらったいちごのおすそ分けが大量に届いた。
今期最後のいちごで、耕してしまう前にすべてとりきった完熟物。
今回はジャムは作らず、ピューレにして小分け冷凍。
このほうがホールで冷凍するより場所を取らないのと、無糖ピューレにしておくと何かと使えて便利。火にかけていちごとバルサミコのソースにしてもいいし、もちろんアントルメの材料としても使える。少し解凍してヨーグルト、牛乳とミキサーにかければいちごシェークに。
c0097278_10234278.jpg

昨日は水とレモン汁とお砂糖をほんの少し、それにゼラチンを足して火にかけていちごゼリーを作った。果肉タップリなので美味しい。ゼリーはあまり固めない、ゆるゆるのが好き。
[PR]

by psapied | 2007-05-29 10:26 | お菓子

お灸教室&和食の会

助産院主催のお灸教室に参加してきた。

東洋医学の考え方は前から好きで、なんとも年寄り染みているのだが、
10代の後半から腰痛を鍼灸で治してきた。でもお灸は全くの初めてで、結構どきどきだった。

段々お腹が大きくなってくると、手足のむくみや痛み、腰痛など様々な症状が出てくる。
それを「自分の体なのだから自分の力で」治せるようにする。
血流をよくするために必要な場所にお灸を据えるのだが、
一人ひとり状況は全く違うので、今の体調にとって必要な場所をそれぞれ教えてくれる。

結構目からうろこの内容で、これは続ける価値あり。
あとは毎日自分でやるのだ。でっかいもぐさを置いて、あちー!!というのを
想像していたが、今は手軽なものが沢山あって、ライターで火をつけて
指定された場所に貼って、15秒くらい。熱くなったらポイ。おしまい。
すんごいお手軽なのに、効果抜群。つづけるとさらに全身にとってよさそう。
煙は出るけど、匂いはさほど気にならない。

お灸の話しだけでなく、正しい立ち方、歩き方、睡眠、食生活、危険信号の見分け方など、すべて絡んでお話ししてくれるので、あらためて東洋医学のすばらしさに感動した。
これから安産に向けて自分の体を理想の体に近づけていく。
私の産む助産院では、このお灸教室がほぼ必修。やってたとやらないでは産むときの体の
やわらかさ、柔軟さに差がものすごく出るらしく。
体調も刻々と変わるので、最低でも月1回は参加して行こうと思う。

お灸教室のあとは、助産院で「和食の会」に参加。
妊婦にとって理想の食事をいただく。こちらも結構驚きの内容。
肉、魚、卵、乳製品は一切使わない雑穀、野菜のみの薄味の食事。
つまり普段から↑こういうもの をとりすぎなんですね。
それが良くないと。もちろんお肉もお魚も牛乳も、必要な栄養素。
でも現代人は摂取過多になりがち。
たまにはこういう食事にして、体を軽く、クリアーにしていこうということ。

早速昨夜の晩御飯でも実践。夫は少し物足りなかったのかな?
食後のデザート(お菓子の試作品)を沢山食べていた。意味ない。。
マクロビほどには出来ないけど、洋食は程ほどに。外食も程ほどに。
お肉お魚類はお昼のお弁当に入れて、夜はあっさり和食を目指そうと思う。

ところで、私が毎日仕事で使っている「卵、牛乳、バター、砂糖」などの材料って
思いっきり妊婦に害となるものではないか。。。といっても作らないわけには行かない。なので
試作品の試食は程ほどにして、おすそ分け作戦で行こうと思う。
[PR]

by psapied | 2007-05-25 09:51 | その他

Pain d'epices

c0097278_937954.jpg

パンデピス=スパイスのパン

フランスはアルザス地方やディジョンに伝わるそれはそれは古くからあるお菓子。
特徴はライ麦粉を混ぜること、蜂蜜をいれること、キャトルエピス(4種類のスパイス=オールスパイス、ナツメグ、ジンジャー、ホワイトペッパー)を使うこと、そして一切バターや油脂は入らないこと。

中にたっぷりいれたオレンジピールの食感と外側のグラサージュがカリカリしていい。
蜂蜜がたくさん入っているのでしっかりした生地だけど全くパサついていない。
自画自賛だが、とってもおいしい。

こういう地味な地方菓子を馬鹿にする方もいて、心無いお言葉を聞かざるを得ないことも
しばしばあるのだけど、人に何を言われても、私はこういう地味な地方菓子が好き。
見た目の派手さだけじゃない、昔から受け継がれてきたもののよさを感じるから。

昨年アルザスでパンデピスを求めたとき、美味しいけど高いな~というのが正直な感想だった。
作ってみると高いのが分かる。原価、かなり高いし、キャラメル大量に作って冷まして生地に混ぜたりと普通のパウンドケーキなんかに比べれば遥かに手間。
その分、熟成させてじっくり少しずついただきます。

海外にお菓子を送る場合、日持ちの点からかなり選択肢が限られる。
今回はオランダの妹に送るためにもう一台焼いた。
届く頃にはちょうどいい食べごろかも。
[PR]

by psapied | 2007-05-23 09:38 | お菓子

シナモンロール

c0097278_8581452.jpg

とある方のブログを拝見していて、映画「かもめ食堂」をみてシナモンロールを作っておられた。
それをみてから無性にシナモンロールが食べたくなり、早速作ってみた。

シナモンロールのレシピは映画のパンフレットに載っていたらしく(私はDVD)
ネットで探したがオリジナルは探せず、代わりにちょっとアレンジしたものをみつけたので
それで初めてやってみた。

勝手に砂糖とバターの量を控えたので、食事にしてもOKな味になった。
初回としてはまずまずじゃないでしょうか。
日本で売っているシナモンロールは切り口が上を向いているけど、
本場フィンランドでは横から見ると台形型らしく、いちおうその形にしてみる。
中にはくるみの代わりにヘーゼルナッツのローストを粗みじん切りしたものと
ラム酒につけておいたレーズン&サルタナ&カレンツをたっぷり加える。
もちろんシナモンもたっぷり。カルダモンの香りがほのかに漂っていいかんじ。

昨年クグロフを怒涛のように作ってから発酵生地が怖くなくなった。
途中ほったらかして出かけたりと、なめてかかると時々膨らみすぎなどの失敗はあるが、
ちゃんと時間をみていればなんとかなるようになった。何事も回数。

シナモンロールは夫との思い出があるお菓子。
まだ出会って間もない頃、当時すでにブームは下火になっていたシナボンのシナモンロールを一度も食べたことがないというので、出かけた先で一緒に食べた。
ものすごく甘いし大きいので一人一個は無理だから半分こしよう、と提案し、じゃあ、と他に注文したオムライスも半分こして一緒に食べた。今から考えても、なんで全く抵抗なく同じお皿で半分にできたのか、とっても不思議。まだ恋人ではなく「会社の先輩」だったのに。

そんなことを思い出しながら、コーヒーを入れて二人で食べた。
もちろん、「コピ・ルアック」の呪文も忘れずに。
[PR]

by psapied | 2007-05-22 09:29 | お菓子

シャクヤク


c0097278_8571375.jpg
先日、母が持ってきてくれた庭のシャクヤクが満開になった我家の玄関。
シャクヤクはとてもすきな花の一つ。
バラのように豪華で、どこかアジアンテイストで、堂々としている。

花の命は短いけれど、一生懸命咲いて、みる人の心を和ませてくれる。
ありがとう、シャクヤクさん。
[PR]

by psapied | 2007-05-22 08:57 | その他

野毛山動物園

友達一家と桜木町にある野毛山動物園に行ってきた。
この動物園にいくのは3度目くらい。とっても好きなところ。
あまり広くなく、歩きやすく、駅から徒歩でいけて、そして入園無料。

象のはま子さんが死んでしまい、しろくま君はズーラシアに引越したのでちょっと寂しいのだけど、きりん、ライオン、虎、サル、ペンギンなどもいてまだまだ楽しめる。

お弁当は分担して持参。私はおにぎりと漬物担当。
そう、例の、ぬか漬け。毎朝毎晩しっかりかき混ぜた努力の甲斐あってか、最近かなり調子がよいので、人にたべさせたくて仕方がない。すっかり糠ライフにはまっている。

糠は手をすべすべにしてくれるし、お風呂にいれてもいいし、米のとぎ汁は
植木にやってもいい。そして糠床に野菜を入れておくだけですばらしい発酵食品を作ってくれる優れもの。なのに流すと海を汚す原因となるといってしまうところが不思議。

糠じゃなくて動物園の話しでした。

c0097278_1721154.jpgかなりキリンのお食事がまじかで見れたのに、写真はいまいちでした。
[PR]

by psapied | 2007-05-21 17:21 | その他

マタニティヨガ

のクラスに初参加してみた。

以前フィットネスヨガ教室というのを渋谷区が無料でやっていて、
金曜日の夜スポーツセンターまで夫と二人自転車飛ばして2ヶ月ほど通っていた。
そのヨガがものすごくたのしかったので、以来時々家でやってみたりはしてたんだけど、今は
マタニティ用にやっちゃいけないポーズや、逆にやったほうがいいポーズがあるので
一応習うべし、と思って。

周りは私よりも大きなお腹の人ばかり。
みんな来月、再来月生まれる予定の人達。
先生は助産師でもある。

動作はものすごく、ゆっっっくり。
それが「いい」らしいのだけど、フィットネスヨガやってたので、やや物足りない。
せめてBGMやお香があればな~と思ってしまった。

毎週通っている人もいるそうなのだが、基本は大分分かったので
私は当分自宅でやってみようと思う。

来週はお灸教室にいく。といってもお灸を据えてもらいに行くのではなく、
今後腰痛などが出たときに「自分で」お灸を据えるやり方を勉強するために。

私はいろいろ考えた結果病院で出産せず、助産院で産むことにした。
助産院は妊婦本来の産む力を最大限利用して、自然に好きな形で分娩する。
それを助産師さんがサポートしてくれるところ。だから体力づくりから、体調不良のコントロール、陣痛の痛みまですべて自分のこととして、自分で解決できるようにする。
検診時の毎回の検査からして自分で行うので、病院のように上げ膳据え膳では全くない。

初めての体験ばかりだが、せっかくなので楽しんでいろいろやってみようと思う。
[PR]

by psapied | 2007-05-17 11:02 | その他

16号を下って

週末、海までドライブに行ってきた。といってもただのドライブではない。
「16号を下る」ことに意味があるドライブ。

13、4才のころ確か誕生日に買ってもらった小田(和正)さんのアルバムに
「16号を下って」という曲があり、以来、いつかこの曲のように16号を下って海へ行くというのがひそやかな夢であった。

この曲は小田さんが仙台の東北大にいた頃を懐かしんで書いた曲で、
16号を下って南へ仲間と海に行くという話し。つまり生まれ故郷に帰るという意味が含まれている。

時は流れあれから早15年が経ち、埼玉育ちの私がよもや横浜市民になるとも思わず、
車が我家に来たので夫にその話しをしたら、「うちから近いよ」という。
そしてついに念願かなって16号ドライブを実施したというわけ。

BGMはもちろんこの曲をかけて、走ること30分。
金沢文庫の海についた・・・・。ち、ちかい。

「小田さんち」に行く前に、まずは海の公園で、お昼ご飯を食べる。
c0097278_10284680.jpg
砂浜を見ながら気持ちよくサンドイッチを食べていたら、なんとトンビが!!!後ろから飛んできて私の手から取ろうとして、びっくり!というかものすごく大きいのでとっても怖い。とりはぐったので、以後何度も頭上を旋回している。危ないので、木の下に避難して上をにらみながら食べる。せっかく美味しいサンドイッチを作っていったのに、どこにはいったのか分からなくなってしまった。


海の駐車場に車を置いたまま、徒歩で町へ向かう。称名寺というお寺はとても古くて静かでいいところ。
c0097278_10295219.jpgc0097278_1030231.jpg


山を越えると金沢文庫駅。
c0097278_10304620.jpg

この前のすずらん通り商店街に小田薬局本店がある。
c0097278_10312762.jpg

中に入ると薬局なのにやわらかい雰囲気。気がつくと商品の棚や床がすべて木材で出来ていた。記念に、と温泉の元を購入。店員さんに「小田和正さんのファンで生まれ育った町がみてみたくて今日来たんです」と声をかけると、「昨日だったら小田さんのお父さんが来てたのにね~」とのこと。94歳でお元気だそうだ。何より、何より。しばらく立ち話をして店を出て記念撮影。
c0097278_10315326.jpg

ODA is on your side.
「小田さんはいつもあなたのそばに」 ちょっと歌っぽくていい。

小田薬局は昔、「局薬田小」と逆から看板が書いてあるほど古い老舗だった。
随分前、My Home Town というアルバムとツアーをやったとき、
パンフの表紙にもなっていた。5歳くらいの小田さんと家族の写真とともに。
その面影は今の小田薬局にはないけど、周りの景色も小田さんが生まれ育った頃の
田んぼや畑はないけれど、一度歩いてみたいな、とおもっていたので、
本当にいい旅ができた。

帰りに駅の反対側でコージーコーナーのカフェがあったので
ケーキを食べてまた海まで歩いて帰る。

どこでもそうなのだろうが、地方の商店街の行く末がちょっと気になるところ。
小田薬局は手広く他でもやっているのだけど、マツモトキヨシとかHACとか
巨大ドラッグストアがどこにでも増えたからね。。。

以前ファンクラブに入っていた頃は、一生懸命な方が沢山いていろんな情報をくれたけど、
私は好きだからといってプライベートなことまで、あんまり詮索するのはちょっと、とおもう。
逆の立場だったら嫌だから。
だから、以前渋谷区に住んでいたときも、実は小田さんが今現在住んでいるところから
そう離れていないのを知っていたけど、もちろん家を探すことはしなかったし、
「同じ渋谷区民」というだけで、なんか幸せで、それでよかったのだ。

だから今回の旅も、ずっと迷いながらもあたためてきた小さな小さな夢だった。

金沢文庫は静かで、おちついていて、とても好きな町になった。
夕日がとってもきれいだった。
つれてきてくれた夫に感謝しつつ、16号を登って帰ったのでした。
[PR]

by psapied | 2007-05-15 10:37 |

アスパラ万歳

c0097278_11202024.jpg

北海道の友達がアスパラガスを送ってきてくれた。産地直送。昨日の午前中とって、今朝とどいたもの。北海道のアスパラガスは太くてもとてもやわらかくて美味しい。アスパラ大好きなのだが、スーパーのものは輸入品が多く農薬が気になるので購入に踏み切れない。国産で売っていても切り口を見ると・・・・だったりと、好きな割りに食卓にのる機会が少ない。なので、とってもとっても嬉しい。説明書きをみると、なんと生でスライスして食べれます。とな。それぐらい、新鮮でやわらかいということ。今晩の夕飯が今から楽しみです。

遠い場所に住む友達にはなかなかあえないけれど、こうして季節ごとにお互いの産地のものを
送りあったりできる楽しみがある。早速お礼に地粉スコーンを焼いて、ジャムと共にお届けしようと思う。
[PR]

by psapied | 2007-05-14 11:20 | その他

和楽紅屋

c0097278_11121286.jpg
金曜日夫が買ってきてくれたお土産。
スーパーパティシエ辻口さんの和菓子とも洋菓子ともつかぬお菓子屋さんのロールケーキ。お試しセット2個で500円だったと!たっかい~!中はバームクーヘンです。

抹茶にも合うけど、コーヒーにも、紅茶にも合う味。こういうの日本人は好きですね。
という味でした。おいしかったです。
[PR]

by psapied | 2007-05-14 11:13 | お菓子
line

Patisserie a piedの番外編  


by psapied
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31