<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


玄米ワッフル

平日の朝食は、玄米ごはん(時に雑穀白米)、味噌汁、糠漬け、納豆、+前夜の残りものの煮物など少々というスタイルの我家ですが、洋食も時には食べたくなるので、時間のある週末はこんな朝ごはん。
c0097278_10473866.jpg

玄米ワッフルに、コーンスープ、サラダ。
玄米ワッフルは、散々試作して一応ルセット(レシピ)は
完成させたのだけど、さらにグレードアップしたくて
ちょこちょこ実験中。焼きたてが一番美味しいのは当然だけど、冷めても美味しいものを求めて。
テーブルの上にワッフルメーカーを置いて焼きながら食べる。最近は息子に離乳食(このときは別なものを)をあげながら私も食べるので、焼くのはもっぱら夫の仕事になりつつある。

コーンスープは、コーン缶裏ごしタイプとタマネギと豆乳、塩、コショウのみ。
6年くらい前までは、こういうスープにはコンソメが必須だと思っていたけど、
今ではすっかり「いらないもの」になってしまった。
いい材料で作れば素材自体がだしになってくれるので、余計なものは必要ない。
全部煮て、バーミックス。(ハンドミキサー)以上。

サラダは最近お気に入りの「かぼちゃの種オイル」を使っている。
妹がスペインに旅行して探してきてくれたもの。
ネッティ~な香が何とも言えない。少量で味がガラリと変わるすぐれもの。
それに塩、コショウ、そして、妹が作ったゴーダチーズを少々。
チーズは控えているので、たま~に、のお楽しみなのです。

それにしても、おいしいワインに、チーズとパンを心置きなく楽しむ。
そんな日(卒乳後)はいつ来るんだろうな~。。。
[PR]

by psapied | 2008-06-26 10:47 | お菓子

生麩入りドライフルーツのスチーム

昨日は「子供会6月」で、毎月会っている月齢の近い子供友達が我家に来てくれました。
3人もたびたびあっているので、どこかで認識できているのでしょう。
あった瞬間にこ~っと笑っていました。

作ったおやつ(もちろん大人用)はこれ。
c0097278_1123855.jpg

カレンツ、レーズン、杏、いちじく、マンゴーをみじんきりにして、
米飴少々と水をいれて蒸し器で蒸し、そこに生麩と吉野くずをいれて再度蒸したもの。
スチームスープとでもいうんでしょうか。
マクロビオティックの本をみて作りました。
ドライフルーツだけでも美味しいけど、やっぱり生麩が入ると、品がでるし
食感の上でもおいしい。ちょっとしたデザートにはもってこいでしょう。

それと玄米クッキー。クルミとレーズンいり。
全くの無糖で挑戦。歯ごたえ大切なので、
硬いのはいいけどちょっと焼きがきつすぎたかな。
まだまだ改良の余地、ありありでした。

レピシエのハーブティーをお土産にいただいて一緒にのみました。
初夏にふさわしいさっぱりした香、後味でとても美味しく頂戴しました。
[PR]

by psapied | 2008-06-20 10:46 | お菓子

昔のもの

昔のものは良い、というのはあたりまえのことなんだけど、
最近よくよく感じる。

こないだの夫の誕生日に秋田の曲げわっぱのお弁当箱をあげた。
これがまた、すごく、いいのだ。
7千円ちかくするだけある。
香がなんともいえない。
本人曰く食べるときも香が移っていておいしいらしい。
曲げわっぱが余計な水分を吸い取ってくれるので、冷めても美味しい。
レンジであっためられないが、それでもおいしい。
・・・らしい。いつかは私も借りて食べてみたい。
詰めているときも、なんか、いいかんじ、なのだ。
プラスチックのお弁当箱とは一味も二味も違う。

あと最近義理の実家で全くつかわれていなかった
蒸篭を頂戴してきた。かなり年代モノ。
これもまた蒸したものに香がうつっていい。
おまんじゅうを作るのに最適。
サイズがちょっと大きいのが難点だけど。。。

最近、欲しいのは「おひつ」。
毎日玄米ご飯を圧力鍋で炊いているので、炊けたあと、うつしたい。
昔うちにあった秋田杉のおひつはもう古くてだめになってすてた、とあっさり
母に言われてしまい、断念。こうなったら秋田物産館(銀座)に買いに行くか。
ネットでみてみるか。

世の中便利になってもやっぱり昔のものはいいねえ。
・・・と梅干し用の盆ザルをみて、また思うわけ。

それにしても、まだ着物生活できていない。
なんのことはないのにその一歩が踏み出せない。
私ってやっぱりケーキ屋らしくない生活してるかも。
[PR]

by psapied | 2008-06-06 21:10 | その他

壁紙を

やっぱりなんだか落ち着かないので戻してみた。

今日は梅雨の合間のお天気でとても気持ちがよかった。
どうしても試作したいお菓子があって、お昼ご飯を用意しながら
作ってみたけれど、、やや失敗。
やはり子守しながらだと集中できないからなのか。
そんなわけで、相変わらず夜な夜なお菓子を焼いているわけ。
現在オーブン稼働中。

午後からはベビーカーに子供を乗せてお散歩がてら足りない材料を買出しにいく。
なんということはない住宅街だけど、あちこちでいろんな花が咲いていて、
毎日ルートを変えては散歩している。立ち止まって、子供の目線に合わせて
道端の花を触らせてみる。私自身、花の色、香を再発見することが多い。
そんなふうにゆっくりと歩けるのも子供のおかげだな、と思う。

さて、明日はなんと、梅園に「梅もぎ」にいきます。
そろそろ待ちに待った梅仕事の時期。
今年は地産地消で横浜産の梅というわけ。どうなんだろう。楽しみ。
三河みりんで梅酒作って、あとは梅干と梅ジャムと、、、
最低6キロはもいでこなきゃ。
昨年作った梅干は今でもまだ残っているので、
我家の梅干自給率は100%を達成しそうな予感。
こうやってひとつずつ、「半自給自足」への道を目指すわけです。
[PR]

by psapied | 2008-06-06 20:54 | その他

母さんは夜なべをして、、

とあるお菓子の試作に励んでおります。
10時過ぎ、やっと焼き上がり、まずまずのできばえ。

私は保育に預けていないので、時間のやりくりが何よりも難しい。
常に課題。
家事は随分コントロールできるようになったけど、お菓子作りばかりは
なかなか思うようにすすまない。~しながら、だと上手くはいかないのです。

時間があるようで、ない、生活。
やりたいことばかり沢山あって、でも遅々としてすすまず。
でも、それでいいのだ、そういうものなのだ、と思わないとね。
今は何よりも子育て優先。お菓子は明日作れたとしても、
子供の「今」は、「今」しかない。まだまだ母親が必要な時期。
今日は子供を隣に座らせて書き仕事をしていたら、
私が書いているものを一生懸命覗き込んでみようとしていた。
その姿がけなげでなんともいえない。
その後は私の膝をくんくんかいで、かじっていた。
なんか、犬っぽいぞ。
そのあたりで仕事はおしまい。子供と遊ぶ。

そんな毎日。
今何が一番大切なのか、見失わないようにしないと、と自戒する日々。
20年後、息子は20歳。
その頃はもう絶対こんなにお母さんを必要としなくなっているのだから。。。
[PR]

by psapied | 2008-06-03 22:26 | 子育て
line

Patisserie a piedの番外編  


by psapied
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30