<   2009年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


フラガール

c0097278_1023731.jpg

昨年に引き続き、実家の近くで行われている無農薬の田んぼ作りに参加しています。
正確には、私は子供がまだ小さいので、私の父と夫が参加しているので、
家族で見に行ったり手伝ったり。

二宮尊徳出身の二の宮町(合併で真岡市になったけど)
で、尊徳さんの田んぼで稲つくり体験というものです。

毎年かかしを作るのだけど、今年の我が家はフラブームなので
フラガールかかしを作ってみました。

腰の周りには藁をスカートのように編んだものと、ビニールテープの
スカートの二重巻き。(父作)

髪の毛はスズランテープで作ったけど、懐かしい作業でした。
小学校の運動会でよくポンポンを作ったよね。。。

そして肝の顔!は画伯:夫作。・・・・。

手は真横じゃ味気ないので、なんとなくフラのスタイルっぽくしたけど難しい。
c0097278_103464.jpg

今年は前もって段取りを決めて分担、準備していったので
なかなかの仕上がりになりました。
私達が作っている間、息子は田んぼの周りや桜の木のしたでおばあちゃんと
あきずに遊んでいました。遊具のある公園よりも
こうした只の自然のほうがどれだけおもしろい遊び場であることか。
石や棒を集めたり、傾斜を登ってみたり。。。
「自然」のすごさを感じます。

このプログラムには小学生も沢山参加していて、みんな個性豊かな
カカシを作っていました。次に田んぼに行くときまで無事に元気でいてね。
c0097278_10477.jpg

[PR]

by psapied | 2009-07-28 10:04 | その他

ベリーとチョコレートのケーキ

c0097278_21153717.jpg

こちらもお誕生日ケーキです。
卵アレルギーがあるのだけど、乳製品は大丈夫なので、使って欲しい、とのご注文を
いただきました。8歳の男の子用です。
チョコレートケーキが大好き、とのことで、
生地は卵を使わないマクロビオティックのレシピで作り、
それ以外は普通のケーキとして作りました。

「半マクロビ」のお菓子を作ったのは実は今回が初めてでした。
マクロビのジェノワーズは、卵や砂糖をつかった普通のものにくらべて
ふわっとせずに、どちらかというと、しっとり&どっしりしています。
だから豆腐生クリームとはすごく相性がいいのだけど、
そこに普通の生クリームをあわせると食感的に軽すぎないかな?
というわけで、味のバランスをみるためいろいろ試作をしてみました。
その甲斐あって納得いく味ができました。

中は3枚にスライスしてあり、カシスジャム&チョコ生クリームを挟んだ層と
生のブルーベリー&チョコ生クリームを挟んだ層の2重にしました。
ジェノワーズにはシロを効かせてよりしっとりした味に。
上には実家の畑で採れたブラックベリーを飾りました。
ブルーベリーは益子産の有機栽培のもの。とても味がいいです。
これで3種のベリーとチョコの組み合わせのケーキの完成。

息子が起きている時間は集中して絞りが出来ないので、
朝の5時におきて仕上げしてました。
生デコは、楽しいけど、緊張します。
たまにはいい刺激になります。
[PR]

by psapied | 2009-07-21 21:16 | お菓子

ベイクド豆腐ケーキ 木いちご編

c0097278_212586.jpg

ベイクド豆腐ケーキはパティスリーアピエの定番商品のうちの一つになりつつあります。
今回もマクロビのお誕生日ケーキとして作らせてもらいました。
豆腐生クリームがぜひ食べてみたい、とのことだったので、
周りのクリームの絞りは大きめに、多めにしました。

作る回数を重ねても、食べる相手にとっては、初めてのケーキ。
そして、その年のお誕生日ケーキというのは一生に一度きりのもの。
だからこそ、食べる人のことを考えて、
思い浮かべて、作らせてもらえることのありがたさを痛感しつつ、
一生懸命作っていきたいな、と思います。
[PR]

by psapied | 2009-07-21 21:03 | お菓子

Happy Wedding

c0097278_22314423.jpg


学生時代からの友人の結婚式にお呼ばれしてきました。
披露宴で使うケーキではなく、二日後に控えた奥様のお誕生日ケーキとして
依頼を受けました。いろいろ、いろいろ考えて、
やっぱり結婚のお祝いも兼ねたいな、とおもい
小さなウエディングケーキにしました。
といっても3段重ねるとかなりの高さ&重さになりました。
中はフルーツケーキで、マジパンとシュガーペーストでコーティングしてあります。

お誕生日は7月7日なので、七夕をイメージしてみました。
お好きな色であるグリーンと笹の葉をかけて、抹茶味のマカロンを
つくり、天の川のように上からつけました。
写真では見えないけど、裏側にももう一本流れています。

お誕生日用のキャンドルを用意したので、上はあえてデコレーションなしの形。
披露宴が終わったあと、家族みんなで美味しく食べていただけたとのこと
何よりうれしいです。

結婚という人生の大きな節目に同席できる、見届けることが
できるということ、とても幸せなことだな、とつくづく感じた1日でした。
[PR]

by psapied | 2009-07-08 22:51 | お菓子

レモンとけしの実のケーキ お誕生日Ver.

c0097278_20413513.jpg

こちらもお誕生日ケーキに。マクロビケーキを、とのことなので
レモンとけしの実のケーキにチェリーソースでおめかしを。
大人の女性向けに、でもかわいらしく仕上げたくて。
気に入っていただけるといいな。

上にのせたのは、マクロビではないけどマカロン。
久々に毎晩マカロン焼いています。

友達の結婚式が近くて、デコレーションに使うのです。

マカロン作れたら一人前、というけど、
久々にやって、うーん、やっぱり難しいよね、とおもう。
そこそこの、ものはできてもパーフェクト!と自分で思えるものを
作るのは結構大変。どこまで泡をつぶすかとか、火の加減とか、ちょっとしたことで
出来上がりに凄く差がでるんだよね。
だから面白いんだけど。

色はグリーンです。
フランス菓子ではグリーンにしたいとき、普通はピスタチオを使いますが、
私は今回抹茶を使っています。
もうしばらく頑張ります。
[PR]

by psapied | 2009-07-02 20:41 | お菓子

Tarte aux cerises


c0097278_2031113.jpg
ここ数日、連続してお誕生日ケーキとして作らせていただいたお菓子。
5歳の男の子と、2歳の女の子用につくりました。
さくらんぼのタルトです。

久々に考えたタルトコンポゼ=組み合わせのタルトです。
アレルギーのあるお子様向けというのもあるけど、
子供がたべるものは基本的にマクロビのお菓子をお薦めしています。
特に小さい子供には。
3歳までは大人と腸の仕組みが違うので、乳製品はとくに控えたほうがいいと
言われています。消化できないそうです。

さくらんぼはアメリカンチェリーを使っています。
色が綺麗だし、それに佐藤錦だと酸味が強すぎるんだよね。

タルト生地はあっさりと、さくさくと。
アパレイユ(タルトの中に流し込んでやくもの)はしっとりと。
バニラビーンズと麦飴の香がします。
その上に自家製の無糖チェリージャム。
そしてオートミールで作ったチェリーババロアを上にのせて
周りにアメリカンチェリーをたっぷりとかざりました。

いろいろ試作したので納得いくものができました。
やっぱり無糖のチェリージャムは作ってよかった。
味が納得いくものできました。種とり器もっていないので、種取るの
大変だったけど~。

名前を書いた字もチョコレートは使わずにキャロブパウダーと
てんさい糖シロップです。子供が安心して全部食べられるようにね。

まだ「今月の生菓子」として月替わりでやれる状況ではないけど、
いつかそうなったら6月のタルトとして出したいな~。

ちなみに試作品を息子は喜んでたべていました。
完成品をみて「おお~!」と声を上げ、食べれるとおもっていたみたいで
箱にしまったら泣いて大変でした。ごめんね~。
[PR]

by psapied | 2009-07-02 20:32 | お菓子
line

Patisserie a piedの番外編  


by psapied
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31