<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


梅のコンフィチュール

c0097278_22184569.jpg

メール配信してから大分時間が経ってしまいましたが、
今年は地元産の完熟梅を使ったコンフィチュールを
お出ししています。
c0097278_22185641.jpg

梅は農家のお友達から。地産地消です。

種の周りが一番美味しいので、あえて、種入りです。

すっぱさが夏の暑さに効きます。
残りわずかですので、御希望の方はお早めに。
[PR]

by psapied | 2012-07-27 22:19 | お菓子

14ひきのかぼちゃ

とても大きなかぼちゃをいただきました。
どうやって食べようかな?
息子と相談した結果、息子の大好きな絵本、
いわむらかずおさんの「14ひきのかぼちゃ」の最後に出てくる
かぼちゃ料理をつくろうということに。

『かぼちゃコロッケ かぼちゃまんじゅう かぼちゃのにつけ、
かぼちゃスープにかぼちゃパイ。たねもたくさんみのったね、とおじいさん』

という文章が出てきて、14ひきのねずみ家族が自分達で育て、
収穫したかぼちゃで料理を作り、夕ご飯を食べています。

さすがに一日では作れないので、毎日一品ずつ。

かぼちゃコロッケ、
かぼちゃスープ(ポタージュ)、
かぼちゃパイ、
かぼちゃの煮つけ、

本日4日目でここまできました。
写真はかぼちゃパイ。
c0097278_20472315.jpg

生地は、いろいろ考えて、五感でつくることに。
なーんて、聞こえはいいけど、適当にということです。
薄力粉、塩、トランスフリーのショートニング、氷り水。
昔、フランスでホームステイしていたマダムがよく
パイをデザートに作ってくれました。
プラムや杏をいれて。
本やレシピを何も見ないで適当につくって、すごく美味しい。
まだパティシエールの勉強するずっと前のことなので、
お菓子は計量して、、、、と思っていた自分には新鮮でした。
仕事として、売り物としてお菓子を作るときは
毎回味が変わるのはよくないし、試行錯誤でレシピをつくっているので
きちんと計量しています。だけど、家の晩ご飯に食べるためにつくるなら
手間がないほうがいい。自分の手と目の感覚でパイ生地つくったほうが
ずっと楽だし、いろんなことが分かります。
たまにはこうしてお菓子を作ることも大切だな~と
改めて思います。

このパイは夕飯用に作ったので、フィユタージュサレ。
アパレイユもかぼちゃと塩だけ。
その日畑で掘ってきたジャガイモでビシソワーズ。
同じくとりたてのきゅうりを入れたサラダを合わせていただきました。

明日かぼちゃまんじゅう作ればすべて達成。
これらすべて一つのかぼちゃでつくっているのだから
とっても大きいでしょう?

14匹のねずみは食卓に種も出していたので、
それもやりたい、と出しました。そのままではたべれないけどね。

たわいもないことだけど、こうして、絵本のまねをして
一緒に本当の料理を作る。テレビもゲームもない我家だけど、
こういう遊びが一番楽しいな、と思うのです。
[PR]

by psapied | 2012-07-06 20:49 | お菓子

Happy Birthday

c0097278_10502093.jpg

お友達の息子さん、3歳のお誕生日ケーキを作らせていただきました。
フルーツタルト。

これにキャンドルとクッキーでつくった名前プレートをつけて。
お口にあっているといいな。
[PR]

by psapied | 2012-07-03 10:51 | お菓子
line

Patisserie a piedの番外編  


by psapied
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31