5歳

先日、息子が5歳になりました。
5歳も一つの区切りのようで感慨深いものがあります。

お誕生日の食事はマクロビフレンチディナー。

かぼちゃの冷たいポタージュ
夏野菜のホイル蒸し(米ナスの上に、シメジ、紫玉ねぎ、プチトマト、オクラをのせて)
c0097278_1140213.jpg

バゲット
ケーキはベイクド豆腐ケーキブルーベリーソース
c0097278_1139861.jpg

私達両親からは息子の大好きな落語絵本「たがや」を。
益子と横浜の祖父母からは自転車と、カプラが届き
大喜びでした。

このカプラ、幼稚園で知った木のおもちゃなのですが、
すごいです。大人がはまります。
色、におい、そしてなんにでもできる想像性。
ブロックとは違って、重ねるだけなのです。
あっというまにいろんなものが作れるようになっていて
驚きます。

5歳まで元気に成長できたのは、本当にありがたいこと。
周りの人の協力、あってのことです。
[PR]

# by psapied | 2012-09-25 11:41 | 子育て

コンサートのお茶菓子

c0097278_21542678.jpg

友人のピアノ&ヴァイオリンのコンサートが
素敵な喫茶店を貸切にして行われました。
その演奏会後、お出しするお菓子を作らせてもらいました。
マクロビのガトーショコラ、豆乳クリーム、イチジク、マスカットで
一皿。そして飲み物は子供は麦茶、大人は穀物コーヒーです。
32名分。

普通、飲食店を借り切ってコンサートする場合、
その厨房を借りて、好きなものを提供させてもらえるということは
なかなかないものです。そのお店のものをだすことはあっても。
今回、食器、ガス、冷蔵庫など備品はすべてお借りして、
こちらのやりたいようにやらせてもらえました。
本当に楽しかった。
そして、準備のタイミングなどいろいろ勉強になります。
c0097278_21544643.jpg

お持ち帰り用も用意しました。
コンフィチュールは、栃木の実家で採れた無農薬のブラックベリーとルバーブで
作りました。

息子はもうすぐ5歳。手伝う気満々だったので、
ケーキ屋の帽子を作り、エプロンつけて、
スタッフ名札もつけて厨房入り。
沢山の人の協力でやらせてもらえたお仕事でした。
[PR]

# by psapied | 2012-08-31 21:57 | お菓子

菓子折

c0097278_237616.jpg

梅のコンフィチュール
バナナのコンフィチュール
くるみのスコーン
アーモンドアニスビスコッティ

の詰め合わせを作らせていただきました。
夏は竹籠がすずしげです。

梅のコンフィチュールはおかげさまで
完売しました。

梅は好き好きが分かれるだろうとはおもっていたけれど、
想像以上に顕著でした。
好きな人は種の周りが最高!とまとめ買いや追加ご注文いただきました。
逆に酸っぱいのが苦手な人は、試食の段で・・・すっぱ!でした。
何より自分が梅のコンフィチュールが大好きなのと
一部の人が気に入ってくださるので、作る意義はあったということで。

地産地消の一歩としてもできるだけ輸送コスト、CO2を排出しない
地元産のものでお菓子を作って行きたいです。
[PR]

# by psapied | 2012-08-07 23:09 | お菓子

マリーアントワネット物語展

先日、ずっと気になっていたマリーアントワネット物語展へ行ってきた。
土日に家族でいくと混むのは分かっているし、かといって平日夏休み中の息子を
連れて二人で行くと、じっくり見れないかも。。。
とさんざん迷った挙句、土曜日にいくことに。

出展がパリのカルナヴァレ美術館のものが多かったので、
現地で見たことがあるものも多かった。
しかし今はすでに遠いパリ。
もう6年行ってないことになる。
なんとなくパリの雰囲気、ベルサイユを懐かしみに。

ベルサイユ宮殿の写真をみて、お母さんここに行ったこと何度もあるよ
といったら、息子はへーといっていた。
分かってるんだか、どうだか。

今回夫も一緒だったので、音声ガイドでじっくりみせてもらった。
ナレーションは池田理代子さん。アントワネット作、池田さんが
歌っている歌も入っていました。
ベルばら好きには、ツボ!ってところもあり、楽しかった~。

その後、マクロビのお店でお食事するつもりも閉店後だったので、
たまたま通ったお店に入ってみる。
このお店がなんとも美味しいお店ですっかり気に入ってしまった。
ご夫婦でやっているこじんまりしたお店で、
入ると杉の香りに包まれる。
料理は野菜を中心としたコースメニューのみ。
メインは手作りのお豆腐をできたてで。
内装、味、値段、お店の人。すべてにおいて気に入ってしまった。
愛知県は外食産業発達しているけど、
なかなかまたお金をだしてまで行きたいお店が少ない。
そんな中、我家のお気に入りになりそうなお店です。

名古屋市博物館近くの「旬菜 宮本」さんです。
[PR]

# by psapied | 2012-08-03 20:46 | その他

梅のコンフィチュール

c0097278_22184569.jpg

メール配信してから大分時間が経ってしまいましたが、
今年は地元産の完熟梅を使ったコンフィチュールを
お出ししています。
c0097278_22185641.jpg

梅は農家のお友達から。地産地消です。

種の周りが一番美味しいので、あえて、種入りです。

すっぱさが夏の暑さに効きます。
残りわずかですので、御希望の方はお早めに。
[PR]

# by psapied | 2012-07-27 22:19 | お菓子

14ひきのかぼちゃ

とても大きなかぼちゃをいただきました。
どうやって食べようかな?
息子と相談した結果、息子の大好きな絵本、
いわむらかずおさんの「14ひきのかぼちゃ」の最後に出てくる
かぼちゃ料理をつくろうということに。

『かぼちゃコロッケ かぼちゃまんじゅう かぼちゃのにつけ、
かぼちゃスープにかぼちゃパイ。たねもたくさんみのったね、とおじいさん』

という文章が出てきて、14ひきのねずみ家族が自分達で育て、
収穫したかぼちゃで料理を作り、夕ご飯を食べています。

さすがに一日では作れないので、毎日一品ずつ。

かぼちゃコロッケ、
かぼちゃスープ(ポタージュ)、
かぼちゃパイ、
かぼちゃの煮つけ、

本日4日目でここまできました。
写真はかぼちゃパイ。
c0097278_20472315.jpg

生地は、いろいろ考えて、五感でつくることに。
なーんて、聞こえはいいけど、適当にということです。
薄力粉、塩、トランスフリーのショートニング、氷り水。
昔、フランスでホームステイしていたマダムがよく
パイをデザートに作ってくれました。
プラムや杏をいれて。
本やレシピを何も見ないで適当につくって、すごく美味しい。
まだパティシエールの勉強するずっと前のことなので、
お菓子は計量して、、、、と思っていた自分には新鮮でした。
仕事として、売り物としてお菓子を作るときは
毎回味が変わるのはよくないし、試行錯誤でレシピをつくっているので
きちんと計量しています。だけど、家の晩ご飯に食べるためにつくるなら
手間がないほうがいい。自分の手と目の感覚でパイ生地つくったほうが
ずっと楽だし、いろんなことが分かります。
たまにはこうしてお菓子を作ることも大切だな~と
改めて思います。

このパイは夕飯用に作ったので、フィユタージュサレ。
アパレイユもかぼちゃと塩だけ。
その日畑で掘ってきたジャガイモでビシソワーズ。
同じくとりたてのきゅうりを入れたサラダを合わせていただきました。

明日かぼちゃまんじゅう作ればすべて達成。
これらすべて一つのかぼちゃでつくっているのだから
とっても大きいでしょう?

14匹のねずみは食卓に種も出していたので、
それもやりたい、と出しました。そのままではたべれないけどね。

たわいもないことだけど、こうして、絵本のまねをして
一緒に本当の料理を作る。テレビもゲームもない我家だけど、
こういう遊びが一番楽しいな、と思うのです。
[PR]

# by psapied | 2012-07-06 20:49 | お菓子

Happy Birthday

c0097278_10502093.jpg

お友達の息子さん、3歳のお誕生日ケーキを作らせていただきました。
フルーツタルト。

これにキャンドルとクッキーでつくった名前プレートをつけて。
お口にあっているといいな。
[PR]

# by psapied | 2012-07-03 10:51 | お菓子

マクロビで時代を・・・・

夜中に夫と話し込んでいて、時々、
「マクロビオティックで今の時代を斬る!」
という大胆不敵な話題になるときがある。

お菓子でいえば、ふんわり、かる~く、とろける、濃厚、
この辺がキーワードですね、最近のはやりは。
これは端的に言うと、現代人は陽性食品(肉魚)のとりすぎなので、
陰性(砂糖)なもので体を緩めたい、わけです。

・・・とかね。

そんななかで、なるほど!とおもったのが、
何を食べるかはどう生きるか、なわけですが、
何を食べるかは、どう住むか、にもつながるということ。

私の住んでいるところは、割と新興住宅地で、当然、
洋風な家が多い。それは、和食よりも洋食を食べているので、
考え方が洋風になる。つまり、洋風の家が沢山できる、ということ。

息子が幼稚園の給食でひじきの煮物が出たら、
ひじきをはじめて見た、という子が沢山居たらしい。
ひじきがゴミみたいで気持ち悪いという子も。
4歳になるまで一度もひじきを食べたことがないってこと?
お母さん、おうちでひじき、煮ないの????
ひじき大好きな息子は、これはひじきだよ、おいしいよ、と
教えたらしいけど。。。
煮物だけじゃなくて、ひじきとレンコンのパスタとか、
お好み焼きに混ぜるとか、混ぜご飯など、
うちでは頻繁に食べる食材です。

日本家屋の畳の部屋には、ステーキよりもひじきが似合う。
どうりで、マンションの我家で座卓生活していても、
マクロビフレンチが似合わないわけなのです。正座でフレンチだからね~。(笑)
息子のフォークとナイフで食べる練習のため、時々作りますが。。。

今はマンション暮らしだけど、やっぱりいつかは日本の家に住みたいな。
日本の木でできた日本の家。古民家、和服生活、畑、できれば井戸水、果樹、お茶の木、
、、、夫と私の夢です。
[PR]

# by psapied | 2012-06-22 21:25 | その他

草取り

c0097278_22274391.jpg


田んぼの草取りに参加しました。
田植えのときとは違い、二組の参加でこじんまりと。

3週間の間に稲は倍くらいの高さに生長し、
大きくなっていました。

草取りは、生えているものは手で取る。
そしてこれから生えないようにするために、
タイヤのチェーンを使うのです。
聞いたことはあったけど、実際みるのは
初めてでした。
チェーンをいくつかつなげてパイプのようなものに
くつけて、ロープでひっぱります。
かなり、重い、そう(夫談)。妊婦の私は見学だけ。
息子と一緒に引っ張っています。

これをひいて、土の表面をなでることによって草の種が定着
しなくなる仕組み。腰をかがめて草をとらなくていい予防方法なわけです。
稲は当然なぎ倒されますが、絶対に抜けないそう。
すぐに起き上がってきてました。
これを夏至までの間に何度かやるとその後の草取りがうんと楽になる、
と昔の人はいったそうです。

稲って、お米って、やっぱりすごい。

目の当たりにして、ちょっと感動。
日本人のお米離れが言われて久しいけれど、
お米作りを体験したら、お米に対する思いは
絶対に変わるはず、と思うのです。
[PR]

# by psapied | 2012-06-20 22:29 | 農業

父の日

c0097278_21384464.jpg

父の日のためにご注文いただいた菓子折り。
c0097278_21391428.jpg

バナナのコンフィチュール バニラ風味
クランベリーとくるみのスコーン
レーズンサブレ

久しぶりに沢山つくりました。
終わってほっ。
[PR]

# by psapied | 2012-06-18 21:40 | お菓子
line

Patisserie a piedの番外編  


by psapied
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30